ボストンテリアの『あぐり』との日々/神戸市在住/家族:マリアママ・マリアパパ・Fブルの『マリア』(享年5歳半)・パグの『マッシィ』(享年10歳)


by mariaguri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

薬師如来巡りは続きます

今週末は、土曜日は晴天、日曜日は大雨の天気予報・・・15日にあぐパパが手術を受けたら暫くはドライブも儘ならないよなぁ~~。

・・・と言うことで、12日(土)、丹波篠山のお寺を巡って来ました。

先ずは紅葉で有名な『安泰山 大國寺』へ。
d0155952_12411076.jpg
大国寺の本堂(あぐりのバックに写ってる建物デス)は室町時代初期の建立で、国の重要文化財に指定されています。
そして、この本堂の中には、ご本尊の木造薬師如来坐像、木造阿弥陀如来坐像、木造大日如来坐像、木造持国天立像、木造増長天立像など、平安時代の仏様達が安置されています。(国の重要文化財に指定)
d0155952_12470828.jpg
ご本尊の『薬師如来坐像』、よく見るときらびやかな冠を被っていらしゃって『大日如来』っぽいし、印相は親指と人差し指で輪を作ってるので『阿弥陀如来』っぽいし、でも、その両手に薬壷を持ってるので『薬師如来』っぽいし・・・。
でも両サイドの脇侍が『阿弥陀如来』と『大日如来』なので、やっぱりこのご本尊は『薬師如来』なんですね。
如来オールスター揃い踏みとは、なんと豪華はお寺さんなんでしょっ!!!

本堂では、ご住職が丁寧に説明下さり、内陣に入れて頂けるだけでなく、写真までOKって、大盤振る舞いです!

本堂内陣の外に安置されている『阿弥陀如来坐像』は、波多野氏の菩提寺であった満願寺が廃寺となってのち移されたものだそうです。
d0155952_13063611.jpg
紅葉で有名なお寺ですが、境内には沢山のお花が植えられていました。
d0155952_13092071.jpg
シャクナゲ

d0155952_13102044.jpg
6月に入るとササユリの良い香りが境内に漂うそうです。

更に更に『丹波茶処 安泰庵』というお茶屋さんまでありまして、ランチ休憩させて頂きました。
d0155952_13130937.jpg
お茶を麺に練り込んだ『茶うどん』です。

午前中にひと月遅れの『花まつり』が行われたそうで、美味しい『甘茶』も頂きました。



次に向かったのは、『松尾山 文保寺』です。
文保寺は、最盛期には堂舎21坊を数えたと云われますが、現在は、真如院、大勝院、観明院の3院となっています。
(それぞれのご本尊の仏様方は非公開)

楼門
d0155952_15382943.jpg
現在の楼門は大正末期に建立されたものと言われています。
篠山市内の楼門の中では最大規模のもので、篠山市文化財に指定されています。
d0155952_15392384.jpg

本堂に続く参道の脇の道を行くと、『二村神社』があります。
d0155952_15494706.jpg
参道は今の時期『青もみじ』がとても綺麗でした。
私達以外誰もいないので、時折うぐいすの鳴き声が聞こえるだけで、静寂そのものでした。
d0155952_15532572.jpg
上り切ったところで、鐘をついて・・・・。
d0155952_15544688.jpg
明智光秀による丹波攻めのときに焼失した本堂は、江戸時代に再興されたもの。
d0155952_16025277.jpg
新緑のマイナーなお寺巡りでリフレッシュしたので、あぐパパには、安心して15日の手術にのぞんで欲しいです。
d0155952_16142439.jpg
                   ↑↑↑ なんか、不真面目!








にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

by mariaguri | 2018-05-13 16:31 | お出掛け(兵庫県のお寺) | Comments(0)