大分旅行に行ってきました♪(2)

一日目の国東半島の最後の観光地は、豊後高田の『昭和の町』です。
昭和世代の老夫婦にとっては、涙がちょちょ切れる程懐かしい・・・。
『昭和ロマン蔵』は、昭和30年~のオモチャの博物館です。
d0155952_11294865.jpg

自家用車が夢のまた夢だったころの、憧れの車たち。
d0155952_11293470.jpg
豊後高田は、最近公開になった『ナミヤ雑貨店の奇跡』
のロケ地で、これらの車が劇中で、実際に走ってたそうです。
d0155952_11300477.jpg
このレトロなバスは、豊後高田の町を巡る観光バス。
d0155952_14091834.jpg
さて、この日泊まったのは、『ヴィラ・フロレスタ』です。

コテージなので、食べ物&飲み物持ち込み自由にで、調理も出来ますが、我が家は『豊後牛のシャブシャブ』を頼んでいたので、野菜やお肉が冷蔵庫にスタンバイ!
d0155952_14164036.jpg
二日目は、フロント棟のカフェで、モーニングを頂き(地の野菜と天然酵母パンや、さつまいものスープ等、丁寧に作られた美味しい朝食でした~♪)
最初の目的地『宇佐神宮』へ。
d0155952_14271671.jpg
『宇佐神宮』は、奈良時代に創建された、全国4万社以上ある八幡神社の総本社です。
d0155952_14353934.jpg
この日は11月15日で『七五三』。
着飾ったチビッコが沢山参拝に訪れて来てました。
あぐりも七歳…晴れ着を持ってくれば良かったわっ!
d0155952_14380549.jpg
境内の紅葉も、もう一つ・・・。
渓谷美を堪能しつつ日田街道を南下して、紅葉の景勝地耶馬渓へ。
d0155952_14524231.jpg
『青の洞門』は江戸時代に僧禅海が岩盤をノミとツチで手彫りして貫通させた場所で、一部にノミの跡が見られます。
洞門の上方には高さを競うようにそびえる『競秀峰』。
d0155952_14525192.jpg
掘ったのは、この人デス!
『競秀峰』は、60分のハイキングコースになってますが、今回は時間の関係でパス。
耶馬渓の中でも最も風光明媚と言われる『深耶馬渓』に向かう途中、地元では、ひと際美しいと評判の『御霊もみじ』に寄り道しましたが・・・
d0155952_15113633.jpg
気を取り直して、『深耶馬渓』へ。
平日のお昼だというのに、紅葉狩りの観光客でいっぱいです!
展望台に向かう道路沿いにはお食事処やお土産物屋さんが沢山ありますが、どこも大混雑!!
なんとか、店先の狭~~いテーブルで『鮎の塩焼き』『地鶏焼き』『おにぎり』のランチを済ませ、展望台へ。
d0155952_15175563.jpg
大混雑の展望台からは、樹木の間から8つの切り立つ奇岩を確認できる『一目八景』が見られます。
d0155952_15180649.jpg

d0155952_15182257.jpg
持ち上げられると、相変わらずのドンヨリ顔・・・。
展望台から山移川沿いをお散歩しながら駐車場に戻る途中で、綺麗な銀杏の絨毯発見!!
d0155952_15183837.jpg
耶馬渓を後にして、日田街道の終点『日田豆田町』へ。
江戸時代初期から天領となった城下町・豆田町は、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
古い街並を、建物を鑑賞しながらお散歩しました。
d0155952_15494757.jpg
2日目のお宿は、宝泉寺温泉にある『旅籠 彩くら』です。

お部屋に、源泉掛け流しの露天風呂(目の前には小川)の付いた、ゴージャスなお宿。
d0155952_16034670.jpg
(湯船に浸かる美女の姿を想像して、写真をご覧ください・笑)

d0155952_16042603.jpg
お食事はフレンチのフルコースに、おでんや炊き込みご飯などの和食や、チーズ&生ハムなどのおつまみバイキングも用意されています。
d0155952_16044223.jpg

お料理の写真は、食べるのに忙しく撮り忘れ・・・目に美しく、舌に美味しい絶品でしたよ♪

2日続けて15000歩超えの身体を温泉で癒して、3日目に備えました。


続きます・・・。




にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
by mariaguri | 2017-11-25 16:44 | お出掛け | Comments(0)

ボストンテリアの『あぐり』との日々/神戸市在住/家族:マリアママ・マリアパパ・Fブルの『マリア』(享年5歳半)・パグの『マッシィ』(享年10歳)


by mariaguri
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る